シスメックス 医療従事者向けサイト サポートインフォメーション

解決する (装置/試薬の疑問/トラブルを解決)

問い合わせる

登録する

装置の使い方/メンテナンス方法の習得

臨床検査関連の知識を習得

尿導電率異常が出た場合について

Q :尿導電率異常が出た場合に注意すべきことは何ですか。

A :尿導電率は、尿浸透圧に相関があるとされる項目です。尿導電率異常は、その測定値が3.0mS/cm以下または、39.1mS/cmを越した場合に表示されます。
大まかには、3.0mS/cm以下は極端な低浸透圧尿、39.1mS/cmを越した場合は極端な高浸透圧尿と推定することができます。
従いまして、鏡検で再検する場合には、浸透圧異常の尿であることを想定し、特に3.0mS/cm以下の場合には、赤血球の溶血、擬似尿に注意しながら観察することが必要です。