シスメックス 医療従事者向けサイト サポートインフォメーション

解決する (装置/試薬の疑問/トラブルを解決)

問い合わせる

登録する

装置の使い方/メンテナンス方法の習得

臨床検査関連の知識を習得

UFシリーズでの 1視野容量算出について

Q :顕微鏡による尿沈渣検査 HPF 1視野は非遠心尿に換算して0.45μLなのに、UFシリーズでは0.18μLとなっているのはなぜですか。

A :顕微鏡による尿沈渣検査法では、遠心時に上清や管壁に残留成分が生じることにより、実際は遠心後も約50%の沈渣成分が上清などに残留していることが検証により分かっています。
また、沈渣標本作製で、0.2mLの沈渣残渣に染色液0.05mLを添加します。
理論的には、顕微鏡1視野の尿量をHPF=0.45μlとした場合、1個/ HPFは2.2個 /μLとなります。
しかし,視野容量の実際は、2.2「理論/μL個数」×(1/2)「実際の粒子沈降率」×(0.2/0.25)「残渣への染色液添加」=0.88、1個/HPF=0.88個/μLということになります。
1視野の尿量は、2.2:0.88=0.45:X、X=0.18であり1視野(HPF)=0.18μLとなります。
UFシリーズでの視野容量は、顕微鏡による尿沈渣検査法での視野容量に相当するという観点により決められました。

一柳好江.尿沈渣の視野容量について-理論値と実際値-.Sysmex Journal Web.2007;.8(2).