エルシステム・D-BIL 試薬のδ-ビリルビンの測り込みについて

Q :エルシステム・D-BIL 試薬を使用していますがδ-ビリルビンに反応するのですか。

A :エルシステム・D-Bil はビリルビンオキシダーゼを用いた酵素法でδ-ビリルビンを測り込まない試薬です。

δ-ビリルビンとは、何らかの異常により血中に逆流した抱合ビリルビンにアルブミンが非酵素的に結合したもので、血中半減期が長いため、過去の肝・胆道障害の名残とされています。
急性期の肝・胆道障害の回復状態を把握するためには、このδ-ビリルビンを測り込まない試薬が有用です。

日本医師会や日臨技における精度管理調査時の分類に重要な製造販売元名は、「ニプロ」になります。