ミトコンドリアクレアチンキナーゼ(MtCK)とは

Q :ミトコンドリアクレアチンキナーゼ(MtCK)とは何ですか。

A :ミトコンドリアクレアチンキナーゼ(以下 MtCK)はクレアチンキナーゼアイソザイムの1種です。
ミトコンドリア内膜に存在し、8量体の状態で安定化していますが、血液中では時間経過と共に徐々に2量体になります。
MtCKは、サルコメリック型(sMtCK)とユビキタス型(uMtCK)の2種類のアイソフォームが存在します。
sMtCKは心筋、骨格筋由来、uMtCKは小腸、脳、胃由来であり、血中には主としてuMtCKが存在します。
遺伝子解析によると、MtCKとCK-M、CK-Bとのアミノ酸配列の相同性は62~66%、sMtCKとuMtCKとの間の相同性は80%と報告されています。
MtCKの臨床的意義は現在不詳であり、今後の研究が待たれます。