ダプトマイシンのPT検査への影響

Q :ダプトマイシンの添付文書にPT検査への影響について記載がありますが、シスメックスのPT試薬にも影響がありますか。

A :キュビシン(環状リポペプチド系抗生物質、一般名;ダプトマイシン)の添付文書の「8.臨床検査結果に及ぼす影響」に「遺伝子組み換え型トロンボプラスチン試薬を用いた測定において、ダプトマイシンの血漿中の濃度が臨床的に十分高い場合、見かけ上、濃度依存的かつ有意なプロトロンビン時間(PT)延長および国際標準比(INR)増加が見られることがある。」と記載されています。
製造元では約30試薬を検査し、当社のトロンボレルS、デイドイノビンでは影響を受けないことが確認されています。